花のプレゼントならフラワーギフト通販のフジテレビフラワーネット

胡蝶蘭がお祝い事で人気の理由とは?どんな場面で贈る?

「福が飛んでくる」という花言葉の通り、非常に縁起の良いお花として知られる胡蝶蘭。そんな胡蝶蘭を贈るならどんな場面が相応しいのか、そして胡蝶蘭を贈る際にはどんな点に注意すればいいのか、当コラムでご案内します。

「幸福の象徴」として親しまれる胡蝶蘭

  • お祝い事のプレゼントとしてお花を贈る際に重要なのが、花言葉です。
    お花には品種や色等によってそれぞれ固有の花言葉が与えられており、いわばその花言葉は贈る相手に対するメッセージとなります。

    例えば、赤バラの花言葉は「あなたを愛しています」。
    ドラマや映画で、男性が女性にプロポーズする時に真っ赤なバラを捧げるシーンを見たことがあるでしょうか。
    口に出して言う言葉とはまた違った趣が、花言葉にはあるのです。

    さて話を戻しますが、胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」。
    男女の恋愛とか家族の絆とか、友人との仲とか、そういった枠組みに囚われない、どこにでも通用する花言葉となっています。

    また、胡蝶蘭は花粉がほとんどないのでアレルギー持ちの方でも安心ですし、強い香りを放つわけでもないので場所を問わずに贈ることができます。
    その優美で可憐なお花の姿も、どのような場面にも違和感なくマッチするでしょう。

    さらに、手入れの手間や負担がほとんどかからないという点や、長持ちしやすく約2〜3ヶ月綺麗なお花を咲かせ続けられるという点、そして一年中栽培されているので決まった「旬のシーズン」というものがないという点も、お祝いの贈り物として重宝される理由でしょう。

胡蝶蘭をお祝いとして贈る場面とは

  • 胡蝶蘭といえば、新規オープンのお店の軒先に飾ってあるイメージがありますよね。
    「幸福が飛んでくる」という花言葉は、これから商売で成功しようと希望を持って開業した方にふさわしいものといえるでしょう。
    他にも栄転祝いや引っ越し祝い、結婚祝い等々……人生の節目となる一大イベントで贈られるお花という印象が胡蝶蘭にはあるかと思います。

    しかし、胡蝶蘭が活躍するシーンはそれだけではありません。
    先述の通り胡蝶蘭は場所を選ばない美しさがあり、花言葉もどこでも通用する縁起の良いものになっています。
    その為、どんなお祝い事にも胡蝶蘭は適しているのです。

    以下で、胡蝶蘭を贈るのに相応しいシーンを事例としていくつかご紹介したいと思います。

母の日や父の日の贈り物にも

胡蝶蘭を用意する上での注意点とは

  • このように、胡蝶蘭は様々なシーンの贈り物として活躍するお花ですが、最低限のマナーをしっかり把握しておくことが重要です。

    例えば開業祝いなどで大輪の胡蝶蘭を贈る際は立て札をつけて、「誰から誰に贈ったか」を明示しておく必要があります。
    何故なら、このようなお祝いでは多くの方からたくさんの胡蝶蘭が贈られてくるので、どれが誰からの贈り物なのか把握できなくなるからです。

    立て札は「祝開店」や「祝○周年」といった表書きを赤字で中央に表記し、その両サイドに「贈り主の名前」を記載するのが一般的です。

    また、贈るお花の本数も重要です。
    お祝い事で贈るお花は「割れない数」として奇数の本数に揃えましょう。
    一般的には3本立ての胡蝶蘭が主流ですが、さらに豪華に見せたい時は5本立てのものを用意して下さい。

    最後に、胡蝶蘭を贈るタイミングです。
    せっかくお祝いに豪華な胡蝶蘭を用意しても、機を逃してしまっては意味がありません。
    例えば開業祝いの場合はオープンの前日に、昇進祝いの場合は辞令が出てから1週間以内、引っ越し祝いの場合は引っ越してから1週間以内など……。

    誕生日や母の日、父の日あるいは還暦祝いといった場合は当日に贈っても問題ありません。

    ちなみに、病気や怪我で入院している方のお見舞いで胡蝶蘭を用意する場合、鉢植えはNGとなっています。
    これは胡蝶蘭に限らず、鉢植えのお花は「根付く」(寝付く)として縁起が悪いとされているからです。

胡蝶蘭で素敵なお祝いを

  • いかがでしたでしょうか?

    恋人や家族、気心の知れた友人、はたまた会社の同僚や上司、お得意先のお客様等々……。
    お祝い事でお花を贈る機会は少なくないかと思います。

    しかし、どんなお花を選んだらいいのだろう……?
    と迷った時におすすめなのが、今回ご紹介した胡蝶蘭です。

    見た目の美しさ・優雅さはさることながら、縁起の良い花言葉、長持ちする生命力の高さ、手入れの簡単さといった特徴から、胡蝶蘭は幅広いシーンで受け入れられやすいお花となっています。

    またとないお祝いの機会には、幸せを象徴する胡蝶蘭を贈りましょう!

エミリオ・ロバのアート胡蝶蘭

まるで本物みたい!特別なお手入れいらずのアーティフィシャルフラワー
※こちらは生花をリアルに再現し、生花に見まがう美しさを表現した造花(アーティフィシャルフラワー)となります。

TOP