花のプレゼントならフラワーギフト通販のフジテレビフラワーネット

春のお彼岸
  • ペットのお悔やみ花
お悔やみ・お供えによく選ばれているお花

  • ご葬儀用生花
お急ぎバナー

お彼岸・お供え・お悔みにおすすめのアレンジメント故人のイメージに合わせた色合いのお花を贈るのもいいでしょう

お彼岸・お供え・お悔みにおすすめの花束 白に近い色調を基本としたお花を贈りましょう

お彼岸・お供え・お悔みにおすすめのお線香・お香 優しい香りが心を癒します

お彼岸・お供え・お悔みにおすすめのプリザーブドフラワー

お彼岸に贈る花

お彼岸とは、春分の日の前後3日間計7日間、秋のお彼岸は秋分の日の前後3日間計7日間をいいます。
この時期に行う仏事を彼岸会といい、お墓参りなどをし故人を偲び、先祖に感謝をします。
2017年春のお彼岸は…
・彼岸入り 3月17日(金)
・中日(春分の日)3月20日(月)
・彼岸あけ 3月23日(木)

花贈りマナー <お彼岸編>

仏壇にも飾れる一対タイプもおすすめです

どんな花を贈るか

初めて迎えるお彼岸は、白色を基調としたお花をおすすめいたします。
数年経過している場合は、故人が好んだ花やパステル調の花を贈って、故人を偲ぶ気持ちを伝えるのも良いでしょう。

贈るタイミングは?

秋分(春分)の3日前の日を「彼岸入り」、3日後を「彼岸明け」となります。お花を贈る場合は彼岸入りの午前中までにお届けするのをおすすめいたします。また、初めて迎えられるお彼岸の場合、法要を行うことも考え前日にお届けすることをおすすめいたします。

札やカードの表記

お札をつける場合は文頭に「供養」「御仏前」などの文字と、贈り主の名前を表記します。
メッセージカードはそれぞれの想いを自由にお伝えしましょう。

注意点

花束はお墓にお持ちする場合もありますので、一対(同じ花束を2つ)でご用意するとよいでしょう。

シーンに合わせて選ぶお供え花

御霊前・四十九日

命日

法事・法要