お急ぎ便880円還元キャンペーン

花のプレゼントならフラワーギフト通販のフジテレビフラワーネット

お供えのお花にバラを選んではいけない理由は?

  • - PR -

故人の哀悼の意を込めてお供えするお花。
贈り物のお花として、バラは非常に人気の高いお花ですが、実はお墓参りなどの際にお供えする供花に、バラを選ぶのは相応しくないとされています。
当記事では、お墓参りなどの際にお供えする供花に、バラを選んではいけない理由についてご紹介します。

お花を供える風習について

バラ以外でお供えに適さないお花

特に棘のあるお花と毒のあるお花は、仏事全般に向かないとされています。
上記の4つに該当するお花を、誤って供花に選んでしまわないように、ぜひ覚えていてください。

近年は「ユリは定番のお花」という印象から、供花としてお供えする方が多いのですが、匂いの強いユリの場合は避けたほうが良いです。

また特に白い墓石にされいる方は注意が必要です。
墓石についたユリの花粉は落とすことが大変難しいです。

そのため、ユリをお花にお供えするのであればきちんと花粉をとってお供えすることが必要です。お花屋さんに頼んで落としてもらうか、または自分で手袋を使用し、つまんで取っておくことをお勧めします。

基本的にはお墓にお供えする花はなんでもいいとされていますが、香りの強いものは避けた方がいいという考えもあり、しきたりやマナーに厳しい方も集まるような法要であったり、義理のご両親側や仕事関係のつながりのお墓参りの場合などは香りの強いお花は避ける方が無難です。

このように、供花にはないとされる幾つかの理由と、それに該当するお花があります。
このルールを覚えて、お墓参りなどの際には、供花として相応しいお花をお供えしてみてください。

お供えに用いるお花の選び方やマナー



お墓参りなどの際にお供えする供花には、それに適した選び方とマナーがあることはご存知でしょうか。

お墓参りに好まれる、代表的な供花として「菊」が挙げられますが、菊が供花として好まれるのには幾つかの理由があります。

第一に挙げられるのが「菊は長持ちするお花」であることです。

できるだけ長期間、お墓を華やかに飾ってくれる菊のお花は、まさに供花として最適なお花だと言えるでしょう。

また、それ以外にも「菊のお花は枯れた際に散らかりにくい」という特徴があります。

供花は、ただ華やかで彩りよく飾れるだけではなく、周りへの配慮やマナーも含めて選ぶことが大切になります。

菊のように枯れた後に散らかりにくく、お墓の周りを汚さないお花は、周囲への配慮にもなり、マナー的に見ても供花として相応しいお花であると言えます。

そんな、供花として好まれている菊のお花ですが、選ぶ際には華やかで彩り豊かにすることがおすすめです。

配色は「白・赤・黄・紫」の4色や「白・赤・黄・紫・ピンク」の5色、そして3色の場合は「白・黄・紫」などの組み合せが定番です。

しかし、故人が亡くなってからまだ日が浅い場合は、白を基調とした配色にすることが望ましいとされていますので、注意が必要になります。

また、お墓には花立てが左右に一つずつ用意されているものですので、供花をお供えする際は、お墓に対して左右対称に飾ることで、より美しくお花を飾ることができます。

供花は、華やかに彩ることはもちろんですが、左右対称に飾ることも想像しながら、選んでみてください。

最後にお花の本数についてですが、供花は一束が奇数になるように飾ることが一般的ですので「3本・5本・7本」となるように選びましょう。

供花は、華やかだからとバラなどのお花を選ぶのではなく、お花をお供えするという風習の背景を知り、それに適したお花と、適さないお花を知った上で選ぶことが大切です。

当記事では、菊のお花が供花におすすめとしていますが、それ以外にも供花に相応しいお花がありますので、ぜひ故人の方が喜ぶお花を供花に選んでみてください。

  • - PR -

お供えのお花コラム

TOP
- スポンサーリンク -