プレゼントキャンペーン

花のプレゼントならフラワーギフト通販のフジテレビフラワーネット

天国のお母さんへ届ける母の日参りのおすすめなお花

母の日が近づけば、天国にいるお母さんの顔がいつもより鮮明に思い浮かぶことでしょう。あなたのことを、遠いようで一番近いところからきっと見守ってくれている、そんなお母さんの母の日参りには素敵なお花を贈ってみませんか?

亡き母を偲ぶ心から始まった、年に一度の母の日

  • 母親への日頃の感謝を表す日として親しまれている「母の日」。
    そんな母の日は、毎年5月の第2日曜日にやってきますね。

    その母の日が生まれたキッカケを知っている人は、どれぐらいいらっしゃるでしょうか?

    もしかすると、この記事を読んでくれている人のなかにはご存知の人もすでにいらっしゃるかもしれません。

    母の日という記念日は、日本で生まれた記念日ではなく、20世紀初頭のアメリカで生まれたものだそうです。

    亡き母を偲ぶ日々のなかで、世の母親に感謝を表す記念日づくりを思い立った人物がいました。

    その人物とは、「アンナ・ジャービス」という女性です。

    彼女の構想に共鳴した周囲の助力もあって、今ではアメリカだけではなく、私たちの住む日本でも「母親のための記念日」が浸透しています。

    亡き母を偲ぶ、一人の女性の想いから始まった母の日。

    その由来を知っているだけで、より母の日が素敵な記念日だと感じることができます。
    そして、素敵なお花とお線香を持って、母の日参りに早く行きたくなりませんか?

母の日参りには、赤色ではなく白いカーネーションを

  • アメリカから伝わった記念日である、母の日のシンボルといえば「カーネーション」です。
    母の日が近づくと、いたるところでカーネーションが販売されています。

    そして、そのカーネーションのなかでも「赤いカーネーション」が、日本の母の日では定番のお花とされています。

    しかし、アメリカで母の日という記念日が生まれた頃では、赤ではなく白いカーネーションが母の日のシンボルとされていました。

    なぜ赤ではなく、白いカーネーションが母の日のシンボルとなったのでしょうか?

    その背景には、母の日という記念日づくりを思い立ったアンナ・ジャービスが、協会に集った参加者に、母親が好きだった白いカーネーションを配ったというエピソードがあります。

    また、母の日が制定された当時は、母親が健在の人は赤いカーネーションを胸に飾り、亡くなっている人は白いカーネーションを胸に飾っていたのだそうです。

カーネーションの花言葉

  • カーネーションには、「無垢で深い愛」という全体の花言葉があります。
    母の日参りのお花としても、あなたからの愛情がとても伝わる花言葉だと思います。

    しかし、カーネーション以外にも、お花は色ごとに異なる花言葉をもっています。

    現在の日本で定番とされている、赤いカーネーションの花言葉は「母への愛」
    ストレートにお母さんへ愛情を伝えるのであれば、ピッタリな花言葉です。

    このほかにも、

    ・ピンクのカーネーション:「感謝」「女性の愛」「美しいしぐさ」
    ・紫のカーネーション:「気品」「誇り」


    など、女性らしさを象徴してくれるような花言葉をもつカーネーションもあります。

    実際、人気の色である「赤」「ピンク」「紫」などのカーネーションを贈ったことがあるという人も多いかと思います。

    では、アメリカの母の日のシンボルであった「白いカーネーション」の花言葉はどんなものでしょうか?

白いカーネーションの想い

  • アメリカから生まれた、母の日のシンボルであった白いカーネーション。
    そんな白いカーネーションがもっている、花言葉は以下の通りです。

    ・「純粋な愛」「尊敬」
    ・「私の愛は生きています」


    天国に行ってしまっても、お母さんに対する「尊敬」の心が存在していること。
    お母さんに対する「愛情」は決して消えることなく、いつまでも「生き続けている」と、そんなメッセージを感じることができます。

    このような花言葉をもつことから、母の日参りでは定番の赤いカーネーションではなく、白いカーネーションが供えられるようになっています。

    母への愛をストレートに伝えることのできる赤色も素敵ですが、今年の母の日には、白いカーネーションのメッセージをお母さんに届けてみるのはいかがでしょうか?

母の日参りには、母への想いを表せられるお花を

  • 母の日参りに供えるお花は、白いカーネーションがおすすめだとご紹介させていただきました。

    しかし、母の日とはいえ「カーネーション」に限定する必要はありません。
    また、カーネーションを選んだとしても、白いカーネーションにこだわる必要もありません。

    墓前や仏前に供えるお花と意識してしまうと、「白」にこだわってしまう人もいらっしゃるとは思いますが、要は天国にいるお母さんへの想いを表すことができれば、どのようなお花や色であっても問題ないとされています。

    お母さんが生前好きだったお花や、好きな色があれば、それらを基調としたアレンジメントでも素敵だと思います。

    ただし、バラのようにトゲのあるお花や彼岸花のように毒のあるお花をお供えするのは、仏様に対して失礼に当たるといわれているため、避けるほうが無難かもしれません。

天国にいるお母さんに、お花だけではない贈り物

  • 天国にいるお母さんを想う気持ちは人それぞれであり、生前のお母さんの好みや好物などによっても墓前に供える物も変わってきます。

    お花と一緒に持っていくお線香も、今ではさまざまな香りの種類のお線香があります。

    お花の香りがするお線香もありますし、お母さんを想い選んだお花と一緒に、優しい香りを放つお線香を選んでみるのもいいでしょう。

    そして、ご兄弟などがいればできるだけ一緒に母の日参りに行くことをおすすめします。

    ご兄弟だけではなく、親戚など、残された家族が仲良く元気に過ごしている姿を見せることも母の日参りの贈り物のひとつです。

    お母さんを偲ぶ時間を、より穏やかなものに、優しい時間にしてくれるでしょう。

TOP