花のプレゼントならフラワーギフト通販のフジテレビフラワーネット

胡蝶蘭は渡すだけで
相手に幸福をプレゼントするお花です

胡蝶蘭の花言葉、知っていますか?胡蝶蘭はお祝いに適している理由を数多く持っています。また、ちょっとした気遣いで、胡蝶蘭があなたオリジナルの贈り物になるのです。

胡蝶蘭の花言葉にヒントが隠れている?

  • ◆胡蝶蘭の代表的な花言葉

    さて、胡蝶蘭には、お祝いにぴったりな花言葉があるのをご存知でしょうか。

    「あなたを愛します」「幸せが飛んできます」「清純」

    これらが、胡蝶蘭の花言葉です。

    つまり、胡蝶蘭は「愛」を贈りたい家族、恋人、友人に贈ることにも適していますし、「幸福」を届けたい相手への贈り物としても適しているわけです。

    幸せになってほしいというメッセージは、関係性を問わず広く誰に対しても贈ることができますね。胡蝶蘭が、個人に限らず、開店のお祝いなど法人宛ての贈り物としても適切なお花だとおわかりいただけたことでしょう。

    ◆胡蝶蘭の代表的な花言葉
  • ◆白色とピンク色 花言葉の意味

    胡蝶蘭の花言葉をさらに細かく見ていくと、特に、白色の胡蝶蘭は「幸せを運びこむ、清純」、ピンク色の胡蝶蘭は「あなたを愛します」という意味を表します。

    ピンク色の場合、告白やプロポーズの場面でも贈り物としてオススメです。豪華さでも知られる胡蝶蘭ですが、愛を伝える場面で相手の気持ちに確証がない場合や、渡す相手が大ぶりなお花が好きかどうかわからない場合は、ピンク色のミニ胡蝶蘭を鉢に入れてプレゼントするのはいかがでしょう。

    「愛します」という意味を、勇気を出してカードに書いてもいいですね。たいていの方にとって、植物、特にお花をもらうことは日常生活であまり多くないと思いますので、きっと驚いて、喜んでもらえますよ。

    ちなみに、胡蝶蘭は「子孫繁栄」とも縁深く結び付けられてきました。そのため、愛のメッセージを持つこのお花を出産祝いとして選択するのもよいと思います。この場合、白色でもよいでしょう。

    ◆白色とピンク色 花言葉の意味

お立て札やメッセージカードで祝福の気持ちを伝える

  • 開店祝いで胡蝶蘭がずらりと並んだ店舗を見ることがありますが、その際、お花に立て札が付いていることに気づきます。

    そう、胡蝶蘭を贈るなら、立て札をつけるのが一般的です。メッセージカードで代用する場合もありますね。親しい相手へのプレゼントなら、メッセージカードのほうがむしろ好ましいかもしれません。

    立て札には、「祝御開店」などと大きく記し、自分(贈り主)の名前を記載するのが基本です。相手の店舗名やお名前を入れることもあります。

    素敵な花言葉を持つ胡蝶蘭ですが、お花任せにせず、ぜひあなたの心のこもった一文をメッセージカードに添えて渡してあげてください。特に、普段手紙をやり取りすることの少ない友人からの直筆のメッセージは、大変うれしいものです。

胡蝶蘭は様々なお祝いに定番のお花

胡蝶蘭はお花自体にお祝いにぴったりな特性があることがわかってきました。胡蝶蘭についてさらに言うと、定番だからこそ贈られた相手が「助かる」こともあるのです。

  • ◆お祝いに対するお返しの品を選びやすい

    開店祝いを受け取った贈り先の方では、お返しを検討するであろうと予想されます。贈り主からすれば、お祝いなのでお礼なんて、と思われるかもしれませんが、マナーとして用意されることが多いと考えられます。

    受け取った贈り物の半額程度でお返しの品を選ばれることが一般的です。贈り先の方は、カタログやお菓子などを選択するか、あるいはお店の宣伝もかねて全員に一括でお店の独自商品を贈るかもしれません。

    後者のように、例えば胡蝶蘭などお祝いのギフトを贈ってくれた全員に対してノベルティ、あるいは独自商品をお返しする、という場合は問題ないのですが、贈り物の半額程度でお返しの品を選ぼうとされている場合、値段のわかりにくい、あるいは高すぎるものを贈られるとお返しの品選びに困ってしまう可能性があります。

    その点、胡蝶蘭ならば「5本立てで60輪前後の大輪なら○○円くらいか」とある程度予想が立てやすいです。胡蝶蘭は、1年を通して入手が可能なので、時期による値段の変動が少なく、そうした予想が立てやすいのです。

    同じお花のギフトでも、さまざまなお花が咲き乱れる大型のアレンジメントを贈って、「お値段はいくらくらいしたのだろう……?」と相手を悩ませてしまっては、本末転倒です。

    「胡蝶蘭をこんな目的で購入したい」ということを相談すると、お花屋さんも社会人歴の長い知り合いも、値段やサイズの相場を教えてくれるでしょう。誕生日やイベントでのプレゼントではなく、会社に対してお祝いのお花を贈る時は、相手もお返しを検討しているかもしれない、ということを考慮しておきましょう。

    ◆お祝いに対するお返しの品を選びやすい
  • ◆それでも他の人の贈り物に対して差を付けたい……

    胡蝶蘭はあらゆるお祝い事で重宝されますから、とらえようによっては「みんな同じものを贈っている」「無難でありきたりかも」などと感じてしまうかもしれません。

    実際はいくつ同じ胡蝶蘭が届こうが、相手は贈り主への感謝の気持ちを持たれるでしょうし、あればあるだけ豪華な店内になりますから、問題はないのです。

    ですが、「少しでも贈り物に変化をつけたい!」と思うあなたには、胡蝶蘭をメインとしたアレンジメントをオススメします。

    メインの胡蝶蘭を白色にして、白色やピンク色のバラを散りばめたアレンジメントは、大変優雅で豪華に見えるので、お祝いによいと思います。

    胡蝶蘭は花びら一つとっても存在感があるので、アレンジメントで他のお花を足しても胡蝶蘭がかすんでしまうことはないでしょう。

    胡蝶蘭はサイズや色がさまざまにありますので、アレンジメントの幅も広がりますが、相手からお返しがあるかもしれないケースでは、胡蝶蘭をメインにしてアクセントとして他のお花を加える程度にとどめるほうがベターです。

    ◆それでも他の人の贈り物に対して差を付けたい……

胡蝶蘭はどうしてお祝いに適しているのか

  • 相手のこれからの幸福を願うというメッセージを持っている胡蝶蘭。値段も予測しやすく、お返しにも気を遣わせません。 誰もがお祝いにこの美しいお花を選びたくなるでしょうが、その中でもちょっとしたアレンジを加えたり、心を込めたメッセージを添えたりするだけで、「あなたからの特別な贈り物」になります。 家族へのプレゼントでも、開店祝いでも。 ぜひ胡蝶蘭で相手の毎日に幸福と愛を届けてください。

TOP