花のプレゼントならフラワーギフト通販のフジテレビフラワーネット

母の日におすすめなカーネーション以外のお花は?

母の日にカーネーション以外のお花を贈ってみませんか?母の日といえばカーネーションが定番ではありますが、
今回はカーネーション以外の母の日におすすめなお花をご紹介させていただきます。

母の日にカーネーション以外のお花が
流行り始めた理由は?

  • 色とりどりのお花たち
    色とりどりのお花たち



    そもそも、なぜ昨今になって母の日にカーネーション以外のお花をプレゼントすることが流行っているのかと言いますと、諸説ありますが、社会が情報社会に変化しつつあることが一つの要因と考えられています。

    特にカーネーション以外のお花が母の日の主流となり始めている背景には、ネットで誰でも気軽に色々な情報を調べられるようになったことがあると言われています。

    ネットには様々な情報が広がっていますから、その中にお花に関する情報も多数存在します。その中でも多くの方が注目したのは「花言葉」でした。

    花言葉というと、昔はお花が好きな方やお花に精通した方から人伝に教えてもらう、もしくは図書館などで植物図鑑などを読まなくては知ることができませんでした。

    ですが、今の時代ならスマートフォン1つで簡単に気になったお花の花言葉を知ることができる時代になりました。
    そして、そんな花言葉の中には、母の日にプレゼントしたくなるような縁起の良い花言葉も沢山あります。そういった形で花言葉を知り、母の日にカーネーション以外のお花を贈る方が年々増えていった結果、今では母の日に贈りたいお花の選択肢が増えたわけです。

母の日にカーネーション以外で
贈りたいお花といえば?

では、ここからは肝心な母の日に人気なカーネーション以外のお花をご紹介させていただきます。
その中でも、まずは定番と言っても良いほど人気となったお花をご覧ください。

  • 赤と白のバラ
    赤と白のバラ
  • 【バラ】

    バラと言えば母の日に限らず、贈り物の定番といえるお花です。
    贈る側の皆さんの中でもバラのお花が好きな方は多いのではないでしょうか?それだけバラは人気の高いお花だということです。

    ですが、バラが母の日に贈りたいカーネーション以外のお花として選ばれているのは何もただ人気だからというだけではありません。それは先ほども触れたように花言葉に起因します。

    知っている方は知っていると思いますが、バラの花言葉は色だけでなく本数によっても変化します。ですが、基本的に何本になっても「愛」を伝える花言葉であることは共通です。

    そんな「愛」ですが愛と一口に言っても、恋愛、親愛、友愛、隣人愛、家族愛などなど色々な種類がありますよね。
    バラのイメージだと恋愛という意味合いの印象が強くありますが、それはあくまで固定観念であって、別に恋人にしかバラを贈ってはいけないということはありません。そういった決まりを気にしてしまう方に向けて、ここでお母さんにも贈りやすい花言葉を持ったバラの本数をご紹介させていただきます。

    5本「あなたに出会えてよかった、出会えた喜び」
    出会えた喜びを伝える花言葉であれば、お母さんの子どもに生まれることができて良かったという解釈をすることもできます。本数的にも渡しやすい本数ですからおすすめです。

    8本「あなたの思いやり、励ましに感謝します」
    いつも皆さんのことを想って育ててくれたお母さんへ、その思いやりに感謝しますという意味を込めることができますので、こちらも贈りやすい本数ですね。

    100本「これ以上ないほど愛しています」
    読み取り方によっては熱烈な告白にも思えてしまいますが、今まで育ててくれたお母さんにこれ以上ないというほどの愛情を贈るという意味で、一度ぐらいは贈ってみても良いかと思います。きっとこれほど壮観な花束を貰えばお母さんも感激してくれますよ。

    ここまでの話を一蹴してしまうような話ではありますが、アレンジメントという形で色々なお花と混ぜれば、メインはバラだとしてもあまり花言葉というものが気にならなくなりますよ。

    アレンジメントとして華やかにして贈る方法は、「花言葉の縁起があまりよくないから……」と渡したいお花を渡せない方にもおすすめの方法ですので、ぜひこちらの方法も試してみてください。

    【バラ】
  • ブルーのアジサイ
    ブルーのアジサイ
  • 【アジサイ】

    アジサイ(紫陽花)と言えば小さなお花が集まって咲く、これだけで花束のような華やかさを見せてくれるお花です。
    イメージとしては母の日よりももう少し先の梅雨頃に咲くお花ですが、昨今は技術の発展により開花時期の調整もできるようになったので、母の日でも咲き誇るアジサイを見ることができます。

    花言葉は青い色なら「辛抱強い愛情」という意味を持っています。梅雨の雨にも耐え忍ぶ姿からつけられた花言葉ですね。ピンクなら「元気な女性」という花言葉を持ちます。こちらは暖色の快活なイメージからつけられたものになります。

    アジサイの全体的な花言葉としては「家族団欒」という意味があります。これは小さなお花が集まって1つのお花に見えるアジサイだからこその花言葉ですね。そして、そんな花言葉を持っているからこそ、アジサイは母の日の定番として選ばれるようになったのです。

    アジサイと言えば、「アジサイ万華鏡」という人気の高い品種があります。
    一般的なアジサイよりも色のグラデーションが鮮やかで、花弁の縁部分が白く中心部とのコントラストが非常に美しいです。1つ1つが存在感のある少し大きめな花弁であることもアジサイ万華鏡の特徴の一つですね。

    ブルーとピンクの淡い色合いが、通常のアジサイよりも可愛らしさを高めてくれていて、可愛らしいものが好きなお母さんはきっと喜んでくださいますよ。ちょっと特別感のあるお花を贈りたいという方は、ぜひこのアジサイ万華鏡を選んでみてください。

    【アジサイ】

母の日にカーネーション以外で
贈りたい定番以外のお花

やはり母の日に贈るカーネーション以外のお花で定番と言えば、先の「バラ」と「アジサイ」が
ダントツで多いです。 しかし、もちろんそれ以外にもおすすめできるお花はたくさんあります。
その中でもおすすめしたい一部のお花をご紹介させていただきます。

  • ピンクの胡蝶蘭
    ピンクの胡蝶蘭
  • 【ラン】

    ラン(蘭)で贈り物と言えばやはり胡蝶蘭などおすすめですね。胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」という幸福を運ぶイメージの花言葉で縁起が良く、贈り物に最適です。

    色で言えば白い胡蝶蘭なら「純粋」、ピンクの胡蝶蘭なら「あなたを愛しています」という花言葉を持っています。どちらがおすすめかと聞かれれば、強いて言えばピンクがおすすめですね。

    ピンクは見た目が柔らかなイメージで暖かな贈り物というイメージを持てますし、花言葉もあなたを愛しているという、お母さんへの家族愛を伝えることもできますので。

    【ラン】
  • 【ユリ】

    ユリ(百合)も実は母の日の定番と言っても良いぐらいのエピソードを持った、母の日に最適なお花とされています。それはユリが純潔の象徴とされ、聖母マリアの象徴としても描かれたお花で、お母さんとの繋がりが深いお花だからです。

    ユリは純白なイメージの強いお花ですが、淡いピンクのユリなどもアレンジメントの主役にすると可愛らしいのでおすすめです。

    純白なイメージが好きなら白いユリを、可憐なイメージが好きならピンクのユリを、快活なイメージが好きならオレンジのユリなどを選んでみると良いかと存じます。 開花時期も5〜8月にかけてなので母の日のプレゼントにもぴったりです。

    【ユリ】

あとがき

  • 皆さまいかがでしたでしょうか?これにしてみようというお花はありましたか?母の日にぴったりのお花はこれだけではなく、まだまだご紹介できないほど色々なお花があります。

    もちろん母の日に向いている、向いていないに関係なく、お母さんが好きなお花や皆さんが、これが良い!と思えたフィーリングの合ったお花をプレゼントするのも良いかと思います。

    母の日はカーネーションを贈るものという固定観念は捨てて、ぜひ今年の母の日は皆さんが良いと思った、カーネーション以外のお花をプレゼントしてあげてみてください。

母の日フラワーネットコラム

TOP