花のプレゼントならフラワーギフト通販のフジテレビフラワーネット

母の日におしゃれで可愛いフラワーアレンジメントを
プレゼントしませんか?

母の日に贈るプレゼントは良いものにしようとすればするほど、贈りたいものがたくさん候補に挙がってしまいます。
そんな母の日のプレゼントにはフラワーアレンジメントがおすすめです。その理由をご紹介致しましょう。

フラワーアレンジメントとは?

  • アジサイのフラワーアレンジメント
    アジサイのフラワーアレンジメント



    フラワーアレンジメントとは、一般的には、金属や、木材等でできたカゴ等の容器に吸水性の高いスポンジを底に敷き、そこにお花を挿したものを指して使われます。日本の文化である生け花も、剣山にお花を挿して生けるので、フラワーアレンジメントと訳されることもあるようです。

    お花は昔から人々に親しまれており、人の心を元気づけたり、優しい気持ちにさせたりする力があるとされていました。
    三大宗教といわれている、キリスト教、イスラム教、仏教でも、お話の中にお花が登場し、キリスト教では白ユリ、イスラム教ではバラ、仏教では蓮が代表的なお花として扱われています。
    上記のように、お花は古来の宗教としても重要なアイテムであった為、魔除けや鎮魂、様々な宗教的な意味合いを込めてアレンジメントがお部屋等に飾られるようになりました。

    現代、そんなアレンジメントは贈りものや、インテリアとして親しまれています。花束のように様々なお花と組み合わせて色とりどりの表情を持たせることができ、スポンジやお花を入れる容器はカゴ型の物に限らず、様々な装飾、デザインを施したタイプもありますので、よりお花の美しさ、可愛らしさを楽しむことができます。

    土ではなく吸水性の高いスポンジでできており、水やりはスポンジに水をたっぷり含ませておくと良いだけなので、簡単です。容器が既についているので、もらったその時から、お部屋の好きな場所に飾り付けることができます。

    母の日にお花のプレゼントをするなら、フラワーアレンジメントを選んでみるのはいかがでしょうか?

花束とアレンジメントの違い

  • ◆花束
    ◆花束

    【母の日ギフト】メルシーママン(ブーケ)価格 3,456円(税込)


    花束とアレンジメントはどのような点で異なるのか、どちらをプレゼントにすれば良いのかという話題を耳にすることがあります。そこで、この項目では花束とアレンジメントの違いについてご紹介したいと思います。

    まず、花束というものは生花を茎の部分で切り取り、文字通り束ねたものになります。様々なデザインのラッピングが施され、お花の魅力をより引き立てます。

    因みに、ブーケはフランス語で花束を意味しており、普通の花束とブーケには大きな意味合いの違いはありません。ただし、日本では茎を長めに残して束ねたものを花束、茎を短くしたものをブーケと呼ぶ傾向にあるようです。

    花束はもらった後に、花瓶に入れて飾りつけることが一般的です。お手入れをするときは、花瓶の水を入れ替える必要があります。大きい花束にすると、大きい花瓶にしなければなりませんので、お手入れの負担が大きくなります。 お母さんがお手入れしやすい、適度な大きさの花束を選ぶようにすると良いでしょう。

    以上、花束についてのご紹介でした。

  • ◆アレンジメント
    ◆アレンジメント

    【母の日ギフト】カーネーション トゥインクル(ピンク)価格 3,780円(税込)


    一方、アレンジメントは花束と、どのような違いがあるのでしょうか。先の項目と少し内容が重複しますが、フラワーアレンジメントの魅力は、なんといっても飾り付けのしやすさだといえるでしょう。

    花束の場合は、一度束をバラバラにしてから花瓶に飾り付ける必要がありましたが、フラワーアレンジメントの場合、もらったそのままの状態で、お部屋に飾り付けすることができるので、非常にお手軽に、魅力を損なわずフラワーアレンジメントの美しさ、可愛らしさをそのまま楽しむことができます。

    お手入れも水を入れ替える必要はなく、スポンジに水を含ませるだけでお花の瑞々しさを長持ちさせることができます。

    土を使用しておらず、根差しているわけではないので、体調不良で入院中のお母さんへ、母の日のプレゼントをするにもぴったりです。

    以上、フラワーアレンジメントについてのご紹介でした。

  • 花束とアレンジメント、どちらも魅力的ではありますが、お家に大きめの花瓶があるか、日頃から花瓶でお花を飾る習慣があるかという点を考えると、フラワーアレンジメントの方が飾りやすく、お手入れもしやすいので、プレゼントしやすいといえるでしょう。

    お母さんのライフスタイルに合わせて花束かフラワーアレンジメントを選んでみると良いでしょう。

プリザーブドフラワーアレンジメント

  • ピンクのカーネーション
    ピンクのカーネーション



    プリザーブドフラワーをご存知でしょうか?生花とほとんど同じ瑞々しい外観でありながら、その美しさを長く保つことができるのがプリザーブドフラワーです。
    上記のメリットだけでなく、通常の生花では出せない色味を演出することができ、カラーバリエーションが豊富です。

    「通常よりももっと長持ちするフラワーアレンジメントをプレゼントしたい」「お手入れがあまり必要ないフラワーアレンジメントがいい」とお考えの方に、このプリザーブドフラワーアレンジメントがおすすめです。

    プリザーブドフラワーアレンジメントは水をやる必要がなく、高温多湿や直射日光を避けられ、適切な環境であれば数年間、お花の魅力そのままを楽しみ続けることができるのです。ホコリがついてしまうので、お手入れはホコリを払うだけで、通常のフラワーアレンジメントよりもずっと簡単です。

    そんな便利なプリザーブドフラワーですが、デメリットを挙げるとすれば、デリケートである部分でしょう。 飾る場所の環境が適切でない場合、色あせたり、変色したりしてしまう可能性があるので、注意が必要です。

カーネーションのアレンジメント

  • カーネーションのアレンジメント
    カーネーションのアレンジメント



    母の日といえばカーネーション。カーネーションといっても、存在する種類の色は様々です。
    この項目ではカーネーションのフラワーアレンジメントにぴったりな色の組み合わせと、それに因んだ花言葉についてご紹介していきます。

  • ◆真っ赤なカーネーションのフラワーアレンジメント

    母の日のプレゼントにぴったりな真っ赤なカーネーションをあしらったフラワーアレンジメント。
    その赤色には「母の愛」、「熱烈な愛」といった、大切なお母さんに対する愛情を込めることができます。

    赤一色で作るアレンジメントは、純粋でまっすぐな思いを表現することができます。
    また、赤色といえばハートの色。ハート型のフラワーアレンジメント等、可愛い形状をした物もありますので、ぜひご確認くださいませ。

    目にする度に、明るく元気な気持ちにしてくれる赤色のカーネーションで作ったフラワーアレンジメントを、ぜひお母さんのプレゼントに選んでみてはいかがでしょうか?

    ◆真っ赤なカーネーションのフラワーアレンジメント

カーネーションのアレンジメント

  • ◆赤色とピンク色のグラデーションが可愛いフラワーアレンジメント

    「一色だけじゃ物足りない」「他の色も使ったフラワーアレンジメントを贈りたい」とお考えの方には、赤色だけでなく、ピンク色のカーネーションも用いたフラワーアレンジメントがおすすめです。

    赤色とピンク色のカーネーションが織りなすグラデーションは、美しい濃淡を演出し、華やかで美しいシルエットと、可愛いお色味のバランスが調和しています。

    ピンク色のカーネーションの花言葉は「感謝」や「温かい心」。
    お母さんから受け取った温かい心への感謝という意味合いを込めることもでき、自分から母の日に、お母さんへ送る暖かい感謝の心という意味合いを込めることもできるので、母の日のプレゼントにぴったりです。

    赤色以外のフラワーアレンジメントをプレゼントしたいという方はぜひご検討ください。

    ◆赤色とピンク色のグラデーションが可愛いフラワーアレンジメント

カーネーションのアレンジメント

  • ◆シックなフラワーアレンジメント。マゼンタのカーネーションで大人の雰囲気

    より上品に、より大人の女性の雰囲気が漂うフラワーアレンジメントをお母さんへプレゼントするのはいかがでしょうか?静かに美しさを放つその佇まいは、まさに大人の女性の姿を表現しているといえるでしょう。

    鮮やかすぎず、ナチュラルなお色味のフラワーアレンジメントは、リビングや寝室に問わず、様々なお部屋に飾っても景観を損なわず、むしろ派手ではない美しさを強調します。

    マゼンタは単色に分類し難いですが、ここでは紫色のカーネーションの花言葉をご紹介します。
    花言葉は「誇り」や「気品」。このシックなフラワーアレンジメントにぴったりな花言葉ですね。

    おしゃれでスタイリッシュなフラワーアレンジメントをお母さんにプレゼントするならマゼンタのカーネーションのフラワーアレンジメントがおすすめです。

    ◆シックなフラワーアレンジメント。マゼンタのカーネーションで大人の雰囲気

あとがき

  • 以上がおすすめのフラワーアレンジメントのご紹介でした。 今回ご紹介したものはカーネーションのみに限定したものでしたが、他のお花とも組み合わせたフラワーアレンジメントが数多く存在します。

    最近では母の日にプレゼントするお花は、カーネーションに限らず、お母さんの好きなお花をプレゼントするという考え方もあるようです。

    最適なフラワーアレンジメントを見つけて、大切なお母さんへプレゼントしましょう。

母の日フラワーネットコラム

TOP