花のプレゼントならフラワーギフト通販のフジテレビフラワーネット

母の日のプレゼントに最適な可愛らしいブーケ

母の日には花束を贈る方も多いかと思いますが、今年の母の日はお花のブーケを贈ってみませんか?
昨今のブーケは渡した後にインテリアとして飾れるような形をしていますので、贈り物におすすめですよ!

ブーケと花束



  • 皆さんにご紹介させていただきたいブーケですが、ブーケにも形状によって幾つか種類があります。
    皆さんが一般的に思い浮かべるブーケは恐らく「ラウンドブーケ」と呼ばれているものでしょう。 まんまるとしたお花の並びが特徴的なブーケです。これを手作りするのは少々難易度が高いですが、手製で作れないことはありませんので、自分で作ってみるのも面白いかと思います。

    続いて「クラッチブーケ」。こちらも人気の高いブーケで、お花をそのまま束ねたシンプルなブーケです。 クラッチとは掴むという意味を持っていて、握るようにお花を束ねたブーケというイメージを思い浮かべていただければわかりやすいかと思います。手製で作りやすいので、お花を自家栽培している方がよくご自身で作っていらっしゃるのをお見受けします。何重にも束ねれば、そのまま立てて飾ることもできるので、華やかなインテリアとしても利用できるブーケです。

    「プットブーケ」と呼ばれる、受け取ってそのまま飾れるブーケというものも存在します。よくお店で売られているブーケで、そのまま飾ることを前提としており、中に保水ゼリーのようなものが入っている場合が多いです。このゼリーのおかげでしばらくは水いらずで、花瓶に入れ替える必要もなく、生花を飾ることができるので、手軽に楽しめるブーケとして人気が高いですね。

    他には「アフターブーケ」と呼ばれるブーケも存在します。 アフターブーケは実は1つの決まった形があるわけではなく、大きく分けて2種類のブーケを指す言葉となっています。 1つは「プレスフラワー」。いわゆる押し花ですね。ブーケを生花で作るとどうしても枯れる時がやってきてしまうので、綺麗なうちに押し花にして記念品にするという方法です。 額縁に飾ってしまうことがポピュラーで、まるで絵に描いたお花のような美しさを演出してくれます。

    もう1つは「ドライフラワー」。生花の美しさをできるだけ残したまま保存できるようにする方法です。 クリアケースに飾ってみたり、壁掛けのリースのようにして飾ってみたりするのも綺麗で人気が高いですね。

    どちらも贈り物を末永く保存しておける方法ですので、母の日にブーケを贈った際にはアフターブーケにして保存してみないか、お母さまに提案してみると良いかもしれませんね。

    お花は一瞬の輝きが美しいと思う人と、永遠に美しい状態を眺めていたいという人がいますので、1度確認を取ってみることをおすすめさせていただきます。

    細かく言えば他にも「ボールブーケ」や「クレッセントブーケ」など、形状が異なるブーケの製法がありますので、ご興味を持っていただけましたら、ぜひこちらもご検討ください。

手作りブーケの作り方

  • 皆さんの中に、自宅のベランダやお庭でお花を栽培している方もいらっしゃるかと思います。自分で育てたお花を贈り物にできればより気持ちのこもったプレゼントになるとは思いませんか?せっかく育てたお花をそのまま直で渡してしまうのは少々味気ないと思いますので、今回は個人でも簡単に作れるブーケの作り方をご紹介させていただきたいと思います。

    今回ご紹介させていただくブーケは先ほども少しご紹介させていただきました「クラッチブーケ」と呼ばれるブーケです。 ブーケと言えば、ラッピングでお花を包むようにして束にしているものを想像することが多いかと思います。 自分でやろうと思うと、普段からラッピングなど細やかな作業が得意な人なら難なくできますが、慣れない人だと中々綺麗にならなかったりしてしまいます。

    その点クラッチブーケなら、とっても簡単にブーケを作ることができます。 用意するものは「お花」「テープ」「リボン」「ピン」の4つです。 まずは皆さんがブーケにしたいお花を選びましょう。できるだけ茎の長いものを買っておく、もしくは摘む際に長めに摘んでおくとブーケにする際のバランス調整がしやすく、より綺麗な仕上がりになります。

    机において並べてみて花びらが大き目のものは手前、装飾向きの小さなお花は後ろに置く、など自分が綺麗な配置だなと思う配置で、並べ替えをして模索してみて下さい。

    これでよし!と思ったらテープで茎の部分を巻いていき、しっかりと束になるように調整します。緩くなってしまってお花が落ちてしまわないように、少しきつめに巻いてしまうぐらいで構いません。

    次に、巻いたテープを隠すようにリボンを巻き付けていきます。最後に結ぶ際はリボン結びなどをすると可愛らしいブーケになります。アレンジのポイントとしてはリボンをレースのものにしてみたり、何色もリボンを重ねて華やかにしてみたりすると見栄えがより良くなりますよ。

    手製の贈り物は既製品よりも、より想いを込めやすいものですので、受け取った方もより嬉しく思ってくださると思います。お時間があるようでしたら、ぜひ手製のブーケを作って母の日にプレゼントしてみてください。

ブーケにおすすめのお花

  • 母の日のブーケにおすすめのお花のラインナップですが、ほぼほぼ、母の日におすすめのお花と変わらないものになります。カーネーションやバラ、アジサイにガーベラなど、どれもブーケにしても映えるものばかりです。

    中でも私がおすすめしたいお花が、アジサイです。アジサイは元より丸みを帯びたフォルムをしていますので、束ねるだけでラウンドブーケのように見えてくれます。母の日におすすめのお花の中でも特にブーケに適しているお花だと思います。

    王道的なカーネーションを使ったブーケもおすすめですが、赤一色だと主張が強すぎるかもしれませんので、赤いカーネーションを中心にピンク・白を混ぜたカーネーションのブーケなどを選ぶと華やかで喜ばれるのではないかと思います。

    お花を販売しているお店の商品など見ていると、参考になるブーケが多く、眺めているだけで創作意欲が湧いてきますので、試しに見てみることもおすすめですよ。

    私はサイトで見たガーベラメインの黄色いブーケを気に入って、真似して作ったものを母にプレゼントしたことがありました。

    もちろん母の日の定番でないお花でも皆さんのお好きなお花でブーケを作っていただいて構いませんので、ぜひ自分だけのオリジナルブーケを作ってみてくださいね!

後書き

皆さんいかがでしたでしょうか?ブーケについて少しは興味を持っていただけたのではないかと思います。
ブーケ作りは誰でも手軽にできますので、皆さんもぜひ挑戦してみてくださいね!。

母の日フラワーネットコラム

TOP