花のプレゼントならフラワーギフト通販のフジテレビフラワーネット

母の日のプレゼントにぴったりのお花の色は?

母の日にプレゼントするお花は、色やそれにちなんだ花言葉にこだわってみませんか?見て可愛いらしさを楽しんで、
花言葉を知ってさらに喜ばれるプレゼントをお母さんに贈りましょう!

お花の選び方

  • ピンク色のカーネーション
    ピンク色のカーネーション



    母の日に大切なお母さんへお花をプレゼントする時、どのようにして選べばいいのでしょうか?その方法は大きく分けて3つあります。

    1つ目は純粋に自分の気持ちと花言葉を合わせてプレゼントする方法です。
    自分がお母さんに届けたい気持ち、日ごろの感謝の気持ちをそのままに伝えることができます。後ほど紹介しますが、プレゼントするお花によって花言葉が異なり、自分の気持ちをそのお花に込めることができますよ。

    2つ目は花言葉にこだわって、お母さんの性格に相応しいお花をプレゼントする方法です。
    「いつも優しいお母さんへ」「愛してくれるお母さんへ」、お母さんとの関係をより深く表現することができます。
    また、自分の気持ちを伝えるだけなのではなく、お母さんの性格を現したお花をプレゼントすることができるので、お母さんのことを思ったこだわりのプレゼントにすることができますよ。

    3つ目の方法は「1つ目の方法と2つ目方法、どちらの気持ちもお花のプレゼントに込めたい!」という方におすすめの、複数のお花を使用した花束やアレンジメントのプレゼントです。

    複数のお花を使用するのでそれだけ花言葉に合ったお母さんへの気持ちを込めることができます。

おすすめのお花と色

母の日のプレゼントにおすすめなお花といえばカーネーション。実はカーネーションにも様々な色があり、
それぞれに花言葉もあるのです。まずはカーネーションの花言葉から見ていきましょう。

  • 赤色のカーネーション
    赤色のカーネーション



    【赤色】のカーネーションの花言葉は【純粋な愛】【母の愛】です。

    母の日にぴったりな花言葉なので、毎年母の日のシーズンになると非常に人気になります。
    鮮やかな赤色の花びらが非常に可愛らしいお花です。情熱的な赤色はお母さんへの感謝の気持ちを伝えることができますよ。

おすすめのお花と色ピンク

  • 【ピンク色】のカーネーションの花言葉は【感謝】【暖かい優しさ】です。

    赤色よりもさらに可愛らしくなったピンク色。
    情熱的な赤色よりも優しさを表現するのに合ったお花です。暖かく見守ってくれているお母さんへの感謝の気持ちを伝えるのにいいですね。
    赤色と組み合わせた花束やアレンジメントなら、ピンク色の優しさと赤色のアクセントが華やかさをさらに演出します。

おすすめのお花と色青

  • 【青色】のカーネーションというものがあるのをご存知ですか?花言葉は【永遠の幸福】。

    カーネーションはバラと同じく、本来青色の色素を持っていないので自然には発生しません。しかし、品種改良によって、艶やかで美しい青色のカーネーションが誕生したのです。通常のカーネーションとは一味違ったお花のプレゼントを贈ることができます。
    赤色とピンク色の花束の真ん中に一輪、青色のカーネーションを加えればアクセントにすることができ、青色のカーネーションをより強調することができますよ。

色まとめ

  • カーネーションだけでも様々な色があり、それだけ花言葉にも種類があります。
    中でも母の日に贈るお花の定番の色はやはり情熱的な赤色が人気です。あるいはピンク色は女性らしさも表現することができるので母の日のプレゼントにピッタリですね。

    ですが、自分が好きな色や、花言葉を持ったお花や、お母さんの好きなお花や、似合うお花を渡すのも個性を表現することができます。

様々なお花の色

  • 赤色のチューリップ
    赤色のチューリップ



    母の日のプレゼントにぴったりなお花はカーネーション以外にもあります。カーネーションとは異なる色、花言葉を持ったお花もご紹介します。

    ベゴニアの花言葉は【幸福な日々】【愛の告白】。《赤色》であれば【公平】、《白色》であれば【親切】。ベゴニアは可愛らしいひらひらとした花びらが特徴的なお花です。公平な親切はつまり家族への愛と受け取ることもできるので、愛してくれていることへの感謝と、お母さんの今後の幸せを願うことができます。

    カキツバタの花言葉は【幸運は必ず来る】【贈り物】です。
    カキツバタは、母の日に近い5月〜梅雨にかけて見頃のお花です。細くスタイリッシュな茎と、ふわっと開いた《紫色》のお花が特徴的です。お母さんにもっと幸せになって欲しいという気持ちを贈る時にぴったりですね。

    可愛いピンクのチューリップの花言葉は【誠実な愛】。大人の雰囲気を持つ紫色は【不滅の愛】。
    チューリップは誰もが知っている有名なお花ですよね。様々な色がありますが、おすすめなのは《ピンク色》と《紫色》。見た目の柔らかな可愛らしさと、情熱的な気持ちを贈ることができます。

    白いトルコキキョウの花言葉は【楽しい語らい】【深い思いやり】【清々しい美しさ】。トルコキキョウは大きく開いた花びらが特徴的なお花です。色は《白色》がおすすめです。これからもお母さんと仲良くしていきたいという気持ちを伝えることができますね。

    「カーネーションから少し趣向を変えたい」「いつもと違うお花でびっくりさせたい」という方におすすめですよ。

花言葉の歴史

  • 花瓶に入った様々な色の花
    花瓶に入った様々な色の花



    皆さんはこの花言葉の由来がどのようなものかご存知でしょうか?最後に花言葉の歴史について少しご紹介したいと思います。

    花言葉の歴史、それは17世紀まで遡ります。ヨーロッパのトルコ、当時の名前でいえばオスマン帝国のイスタンブールで花言葉の元祖となる文化がありました。

    それは当時の恋人に想いを伝える方法です。手紙に記す文字ではなく、口でささやく言葉でもなく、お花に自分の想いを込めて恋人にプレゼントしていたのです。これが世界で一番初めに行われていた花言葉の由来となる文化だと言われています。この文化がトルコを通過した旅人達によって、イギリスを中心としたヨーロッパに広まるようになったのです。

    これが実際に世界中に広まり始まるきっかけとなったのが、19世紀。トルコと同じ、ヨーロッパのフランスです。
    フランスの富裕層である貴族達の間では一種の交換ノートのようなものが流行していました。
    この交換ノートの内容は自分の思っていることをお花や植物、果物や石など、自然的な物に例えて詩にするというものです。これを使って自分の想いを想い人に伝えたり、貴族たちの間での悪口や批判等に使用されていたりしたのです。

    この交換ノートの文化を参考に、シャルロット・ド・ラトゥールという人物が記した「Le Langage des Fleurs」が出版されました。邦題にすると、「花言葉」です。世界初、最も古い花言葉辞典だと言われており、この本が非常に人気になったことから、特定のお花や植物とその色には特定の意味合いを持たせるという文化が生まれました。

    そして、日本を含めた世界中に花言葉は広がるようになったのです。

あとがき

  • いかがでしたか?母の日にお母さんへプレゼントするお花の色はお決まりになりましたか?

    花言葉は絶対的に決まっているものではありません。国の文化が違えば、植物に対する感性もまた少しずつ異なり、その時々の時代背景によっても花言葉は変わることもあるからです。

    お花を選ぶときは自分の好みや感性を以って選ぶことが大切ですよ。

    お母さんへ日常生活の中では気恥ずかしくて伝えづらい感謝の気持ちを、可愛いお花に込めてプレゼントしましょう。
    大切なお母さんがこれからも健康的に、幸せに、そして家族と仲良く過ごせることも願って、見た目と花言葉を楽しめる、とっておきのお花をプレゼントしましょう!

母の日フラワーネットコラム

TOP