花のプレゼントならフラワーギフト通販のフジテレビフラワーネット

母の日フラワーギフトに
プリザーブドフラワーはいかがですか?

母の日フラワーギフト、ありきたりなものはイヤ! そんなあなたにオススメなのがプリザーブドフラワーです。保管方法を覚えればとっても長持ちする、素敵な贈り物ですよ。今回は、プリザーブドフラワーの魅力を余すところなくご紹介♪

  • 実際のところ、この「プリザーブドフラワー」がどんなものであるか、みなさんはご存知でしょうか。

    最近では、贈り物でいただくことも増えてきたのではないかなと思います。オシャレな花屋でプリザーブドフラワーを見かけてうっとりすることもありますよね。

    「普通のお花と違って、永久に美しいまま保管しておけるお花のことでは?」、あるいは「作り物のお花だと思っていたけれど、違うのだろうか」、という声が聞こえてきそうです。みなさんも同じような疑問をお持ちではないでしょうか。

    果たして、これらのイメージは全部事実なのでしょうか。

    結論から言うと、「半分事実で半分誤解」と言えます。

    このページでは、大切なお母さんに母の日フラワーギフトとしてプリザーブドフラワーを贈る前に、「プリザーブドフラワーのホント」とその保管方法について見ていきましょう。

    プリザーブドフラワーを長くキレイな状態で保管できる方法を学んだら、母の日フラワーギフトを贈る時に、お母さんにも教えてあげましょう! 

母の日フラワーギフトにピッタリ
「プリザーブドフラワー」とは

  • お花を贈る時には、大切な人のそばでお花が長くキレイな状態であってほしいと思いますよね。贈られる側もきっとそれは同じです。あなたからもらった素敵なお花をできるだけ長く手元に置いておけたら、と考えることでしょう。

    母の日フラワーギフトに選んだお花が、母の日というイベントが終わってしまってからも長持ちしてほしい。そんな想いをもつ家族のために最も適しているのが、プリザーブドフラワーです。

    プリザーブドフラワーの「プリザーブド」は英語でpreservedと言い、これは動詞preserve「〜を保存する」の過去分詞の形になっています。難しいことを抜きに言うと、「プリザーブド」(preserved)で「保存された」という意味になります。つまり、プリザーブドフラワーは「保存された花」という意味を持っています。

    そう、プリザーブドフラワーは「造花」ではないのです。高度な技術にもとづいて、お花を元の質感のまま保存したもので、きちんと保管すれば半永久的にキレイな色のお花を手元に置いておけると言われています。

    日本は湿気が多く、特に夏は高温多湿の状態になります。これは、プリザーブドフラワーにとって最適な環境とは言い難く、母の日フラワーギフトなどでもらったままの状態で飾っているだけだと、すぐに退色してしまうこともあります。

    「半永久的」と言うものの、日本ではおよそ2〜3年保存できるもの、と考えておきましょう。

プリザーブドフラワー保管のための心得5箇条

母の日フラワーギフトで贈りたい「プリザーブドフラワー」。
贈った当初の状態をできるだけ長く保つためには、以下のポイントに注意してもらう必要があります。

母の日フラワーギフトにプリザーブドフラワーを選ぶ!

  • プリザーブドフラワーを母の日フラワーギフトに選ぶのであれば、生花との管理方法の違いをきちんと説明できるといいですね。

    プリザーブドフラワーは、管理さえきちんと行なっていれば長持ちするという最大のメリットに加え、生花のような花粉がないので、花粉症のお母さんに「母の日フラワーギフト」を贈りたい! という場合にもオススメです。

    今年の母の日フラワーギフトは、長く美しさを楽しめるプリザーブドフラワーを選んでみませんか?

母の日フラワーネットコラム

TOP