花のプレゼントならフラワーギフト通販のフジテレビフラワーネット

母の日に花言葉も素敵なユリはいかがですか?

バラやカーネーション、アジサイの影に隠れがちかもしれませんが、ユリも母の日のプレゼントに人気なお花です。
花言葉やユリにまつわるお話を聞いてユリの良さを知れば、今年はあなたもユリを贈りたくなるかもしれません。

ユリはどんなお花?



  • ユリは大きな花弁が風に揺られる様子から「揺る」、転じて「ユリ」と呼ばれるようになったそうです。日本ではたくさんの鱗片が重なりあって見えることから百合とも書かれます。ラテン語ではリリウムと呼ばれています。

    ユリは球根を有する植物で、球根の上下から根を出します。春にかけて茎を高く伸ばし、夏にかけて先端に漏斗状のお花を咲かせます。基本的に6枚一対の花びらを持っていて、正確には外側が3枚、内側が3枚と別れています。

    開花時期は5~8月頃で、母の日に丁度良い時期に咲くお花です。
    色は純粋無垢のイメージにピッタリな、白が最もポピュラーです。白以外にも赤やピンク色のユリも存在します。どちらも花束にすれば映える色をしているので贈り物にはぴったりです。他には黄色やオレンジといった色もあります。

    どの品種も花言葉に「純潔、無垢」のような言葉が含まれており、白い穢れのないイメージを持ったお花となっています。

    実は栽培が意外に難しいお花とされていて、お庭だと上手く育たないけれど、山地には自然と自生しているということが良く見受けられるそうです。

    もちろん園芸品種として、品種改良されたユリもたくさんあり、栽培することができないわけではありません。ユリの品種改良の歴史は19世紀頃からと新しい部類ですが、現在ではさまざまな色、香り、形の品種が作り出されています。

    それらの品種改良されたユリはアジアティック・ハイブリッドやオリエンタル・ハイブリッドなど、ハイブリッドと呼ばれる分類分けをされています。ユリで有名な「カサブランカ」はこのオリエンタル種に分類されます。

素敵なユリの数々

今回は代表的なユリの種類をご紹介します。

テッポウユリ

ユリにまつわるお話

日本でも西洋でもユリは古くから親しまれ、色々な文化的題材としても取り上げられています。
そんなユリの一面をご紹介します。

西洋でのユリ

  • ◆西洋でのユリ

    西洋でユリは人類史上、最も古くから栽培されていたお花とも言われており、とても歴史あるお花です。ヨーロッパで広く知られる純白のマドンナリリーは紀元前の壁画に描かれているほどです。

    キリスト教では白いユリが純潔の象徴として用いられ、聖母マリアの象徴としてもしばしば描かれることがあります。三大天使の一人であるガブリエルが、その手にユリのお花を携えて降り立つとも言われています。
    新約聖書のエピソードで有名な「受胎告知」を描いた絵画にも度々ユリのお花の姿が見受けられます。

    同じく新約聖書に「ソロモンの栄華もユリに如かず」という一文があります。これはかのソロモン王の作り上げたものであっても、神の創造物である自然には及ばないという意味で、野に咲くお花の美しさは人工物にはない素晴らしさがあるということを表しています。

    ◆西洋でのユリ

後書き

このようにユリは古今東西、愛され親しまれたお花です。
日本人とも縁深く、本能的にユリのお花を綺麗と思う方も多いのではないかと思います。
皆さんも今年はお気に入りのユリを母の日にプレゼントしてみませんか?

5/13(日)昼12時までのご注文で
まだ母の日に間に合う!


  • 昼12時までのご注文で当日届け「お急ぎ便サービス」

母の日フラワーネットコラム

TOP