花のプレゼントならフラワーギフト通販のフジテレビフラワーネット

敬老の日のプレゼントにおすすめのお花といえば何?

年長の方を敬い、感謝の気持ちを伝えるための敬老の日。年に一度やってくる敬老の日には、素敵なお花をおじいちゃんとおばあちゃんにプレゼントしましょう。贈り物にふさわしいお花を紹介させていただきます。

「敬老の日」に込められている、由来と意味は?

  • 今までは9月15日が敬老の日とされていましたが、9月の第3月曜日に変更となり、今年の敬老の日は9月16日となりました。敬老の日は、国民の祝日となっています。その意味は、国の「国民の祝日に関する法律」によると、「多年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し長寿を祝う」日だとされています。難しい言葉を使用しているので、あまりピンとこなかった方のために簡単に意味を訳してしまうと、「長い間頑張ってくれていたお年寄りを敬い、そしてこれからも元気で長生きをしてくださいということを伝える日」ということです。敬老の日はもともと「としよりの日」という名前で、昭和29年に制定されていました。しかし、もっとより良い呼び方にしようということで10年後の昭和39年に「敬老の日」とあらためられました。

  • 敬老の日は「思いやりの心」からできている

    敬老の日という由来には諸説ありますが、有力な説がふたつあります。まずひとつめの有力な説が「聖徳太子」の説です。聖徳太子が大阪に四天王寺を建てた際に、四天王の名前に合わせて「敬田院」「悲田院」「施薬院」「療病院」の四箇院を設置したといわれています。そのうちのひとつである悲田院というのが、今でいう老人ホームのことを指しています。この悲田院が誕生したのが9月15日だったということから、この日が選ばれたという説があります。次に、もうひとつの有力な説として「元正天皇」の説があげられます。元正天皇が717年に岐阜県の「養老の滝」へと行幸し、「醴泉は、美泉なり。以て老を養うべし。蓋し水の精なればなり。天下に大赦して、霊亀三年を改め、養老元年と為すべし」と告げたのちに、年号を「養老」に改元した故事にちなむというものです。いずれの説も、お年寄りを大切にするという心は今も昔も変わっていないことを教えてくれていますね。敬老の日は「思いやりの心」をあらためて考えさせられる日でもあります。

「敬老の日」には、どんな贈り物を贈りますか?

  • 今も昔も変わらずに、素敵な想いが込められている「敬老の日」ですが、そんな素敵な日に贈る贈り物は何がいいと思いますか?おじいちゃんやおばあちゃんの好みの食べ物や、物を贈るのも悪くありませんし、誰だって自分の好きな物を知ってくれていたり貰ったりするとうれしいです。しかし、人の好みというものは年々歳を重ねるごとに変わってしまいます。昔好きだった食べ物や物も、今ではあまり好みではないかもしれません、そして、普段なかなか会うことができないのであればなおさら、おじいちゃんやおばあちゃんの好みを知るのは難しいですよね。そんなときにおすすめなのが「お花」の贈り物です。お花の贈り物は、母の日や父の日、誕生日や記念日などのイベントでとても人気ですし、定番といわれています。しかし、定番の贈り物だといってもそのお花の種類はさまざまです。花束や鉢物、アレンジメントにブリザーブドフラワーなど、種類もとても豊富で渡したい場所や季節などによっても、贈り物としていろいろな表情を魅せてくれます。敬老の日にはおじいちゃんとおばあちゃんに、素敵なお花の贈り物を贈りましょう。

「敬老の日」に、贈られている定番のお花とは?

  • 敬老の日に贈る贈り物としておすすめなお花ですが、その中でも敬老の日に贈るお花としてふさわしいとされているお花があります。それが「りんどう」です。秋の代表的なお花のりんどうが、敬老の日に贈るお花として定番になった由来は大きく分けてふたつあります。ひとつは、効き目の高い薬として「りんどうの根」が昔から重宝されていたという由来。もうひとつは、聖徳太子が官吏の位を上から「紫→青→赤→黄→白→黒」としたように、りんどうの紫が古来より位の高い人や尊敬に値する人に身にまとってもらう色として大切にされてきたからという理由です。このことから、年齢を重ねているおじいちゃんやおばあちゃんへ、「健康」「長寿」「尊敬」の念を込めて贈るにふさわしいお花として「りんどう」が贈られるようになりました。

あなたの想いを込めて、贈りたい「お花」を選ぶ

  • 敬老の日に贈るのにおすすめであり定番のお花が「りんどう」だとご紹介させていただきましたが、もちろんそれ以外でもおすすめのお花はたくさんあります。りんどうだけの贈り物を贈っても素敵ですが、バラやガーベラ、ユリ、カーネーションなどと一緒にアレンジメントされたお花も華やかでとても素敵ではないでしょうか?お花にはそれぞれの花言葉や、お花の持つ意味があります。ここで少し花言葉を紹介しましょう。

  • 【りんどう】

    青紫色が鮮やかに咲く姿に、凛とした美しさがあるりんどうの花言葉には、「悲しんでいるあなたを愛する」「正義」「誠実」といった花言葉があります。深い愛と、清らかな人へ贈るお花としてとても素敵な花言葉です。

  • 【バラ】

    愛の象徴ともされるバラの花言葉は「愛情」「美」です。誰からも愛される、華やかなバラのイメージにピッタリの花言葉です。多種多彩なバラは、それぞれの花色や本数ごとにも花言葉が存在しています。

  • 【ガーベラ】

    元気でとてもかわいらしいイメージで人気のガーベラには「希望」「常に前進」というとても明るい花言葉がつけられています。いつまでも明るく、何歳になっても前に進んでいてほしいという想いを伝えるのにふさわしいお花です。

  • 【ユリ】

    「純粋」「無垢」という花言葉をもつユリは、堂々とした姿と芳醇な香りがとても特徴的です。いつまでも綺麗な心をもっていてほしい、そんな想いを込めるのならユリがおすすめです。

  • 【カーネーション】

    カーネーション全体としての花言葉は「無垢で深い愛」です。母の日に贈るお花として有名なカーネーションですが、バラに負けないほどの愛にあふれる花言葉をもっています。

  • あなたの伝えたい「想い」を大切にして選ぶ

    ご紹介させていただいたように、お花にはそれぞれのお花に合った花言葉があります。お花全体、そして色や本数によっても花言葉の意味は変わってきます。こういった花言葉から、おじいちゃんやおばあちゃんに贈りたいお花を選ぶのもいいでしょう。おじいちゃんやおばあちゃんの好きな色やお花があれば、それを基準にお花を選んでも素敵です。ですが、どんなお花を贈ろうかなかなか決められないというのであれば、「いつまでも元気に長生きをしてほしい」そんな願いを込めてブリザーブドフラワーを贈るのはいかがでしょうか?美しいお花の姿を長い間楽しむことのできるブリザーブドフラワーは、敬老の日の贈り物としてとてもおすすめです。

いつまでも「元気」でイキイキとしてほしいから

  • お手入れがとっても簡単で、正しく保管すれば永遠に生花のようなみずみずしい美しさで咲き続けてくれる「ブリザーブドフラワー」は、水やりなどの世話も必要なく、おじいちゃんやおばあちゃんに余計な手間をかけずに美しいお花をいつまでも鑑賞していただけます。それだけではなく、ブリザーブドフラワーは栽培されている一番美しい状態のお花に、染料を特殊な薬剤に混ぜて吸い上げさせているため、生花にはない個性的な色合いを出してくれます。おじいちゃんやおばあちゃんにいつまでも元気で、長生きしてもらうために元気いっぱいの黄色や、活力を出させてくれるような赤色のお花など、そのカラー展開はさまざまです。また、素敵なリボンがあしらわれていたり、かわいらしいバスケットに入っていたりなど、デザインも素敵なものばかりです。コンパクトで軽量なので移動も楽ですし、お好きなお部屋に持っていって飾っていただけます。

    元気なお花がそばにあるだけで、おじいちゃん、おばあちゃんもいつまでも元気でいられるはず。敬老の日には、素敵なお花のアレンジメントと一緒にあなたの想いを添えて、おばあちゃんとおじいちゃんの心とお部屋を満たしてあげましょう。

TOP