花のプレゼントならフラワーギフト通販のフジテレビフラワーネット

母の日に感謝の気持ちを伝え、素敵な思い出作りを!
送料無料、人気のアジサイ、カーネーション、バラも多数ご用意しております。

トップフローリストが手掛ける

プレミアムギフト

大量生産できない特別なフラワーギフトを母の日に。
PremiumGiftは各地域のデザイナーが一つ一つ丁寧にお作りして宅配便でお届け致します。

毎年人気の色鮮やかな

アジサイ鉢植え

『辛抱強い愛』といった花言葉 小さな花が集まって、丸い花の形を作っている姿がかわいらしいアジサイ 毎年人気で売切れ前にご注文を。

フリルがかわいい♪

定番のカーネーション

フリルのような花びらが、とても可愛らしいカーネーション 可愛らしさを忘れない、お母さんに

母の日の「フラワーギフト」を価格帯から探す

母の日コラム

  • 母の日とは?

    5月の第2日曜日は「母の日」。 1915年(大正4年)には教会でお祝いの行事が催されるようになり、徐々に民間に広まっていったと伝えられています。
    母の日は、長い歴史の中でカーネーションを贈る日と定着していますが、日頃の母の苦労をいたわり母へ感謝を表す日でもあります。
    誰もが知っている行事ですが、母の日を祝う習慣はどのようにして生まれたかご存じでしたか?起源は諸説ありますが、ウェストバージニア州でアンナ・ジャービスという女性が亡き母を追悼するため、1907年に参加者全員にカーネーションを贈ったのが母の日のはじまりと言われています。

    この追悼会の模様が噂となり、その後、アメリカ全土に拡がっていきます。

    この風習は1910年、ウェストヴァージニア州の知事が5月第2日曜日を母の日にすると宣言しやがてアメリカ全土に広まっていき、1914年には5月の第2日曜日が「母の日」と制定されました。
    ちなみに、日本で初めて母の日のイベントが行われたのは明治末期頃。

    お母さんの好きなお花や、お母さんのイメージにぴったりなお花など、フラワーネットならお好みのお花がきっと見つかるはず。

    感謝の気持ちが届くお花をぜひフジテレビフラワーネットでお探しください。

    母の日とは?
  • 母の日カーネーション

    「母の日」定番のフラワーギフトであるカーネーション全般の花言葉は「無垢で深い愛」です。お母さんの無償の愛と照らし合わせることのできる、母の日にぴったりの花言葉といえます。
    ただ、色によって、その花言葉は違うので注意が必要な花でもあります。

    ◆カーネーション(赤)
    花言葉は「母への愛」
    昔から母の日のカーネーションといえば赤が主流です。 日頃の感謝の気持ちも届けてくれる色といえるでしょう。

    ◆カーネーション(ピンク)
    花言葉は「美しい仕草」
    赤いカーネーションと並んで人気なのがピンクのカーネーション。
    お母さんのイメージに合わせて、優しく上品なピンクのカーネーションを用意されるのも素敵です。

    ◆カーネーション(青)
    花言葉は「永遠の幸福」
    カーネーションに青い色素はありませんが、他の青い花から色素を採取し、カーネーションの遺伝子へ取り込むことによって誕生したのが、世界初の青色カーネーション「ムーンダスト」です。
    希少性の高い青いカーネーションを母の日のプレゼントにしたらお母さんも驚くかもしれませんね。2017年、母の日のオススメ色になります。

    母の日カーネーション
  • 母の日に贈る紫陽花の花言葉

    母の日といえばカーネーションが一番に思いつきますが、最近はその豪華な花と翌年以降も楽しんでいただけるという理由から、アジサイも母の日のプレゼントとして人気があります。
    花言葉は「元気な女性」でいつまでも明るく元気なお母さんをイメージさせます。
    また、アジサイは色だけではなく咲き方にもさまざまな特徴があり、お花好きのお母さんに喜んでいただけること請け合いです。

    ◆「万華鏡」
    ”フラワー・オブ・ザ・イヤー2012”に輝いた島根県だけで栽培される逸品。
    花びら(装飾花)の中心部に近づくほど色合いが濃くなるグラデーションが美しい人気品種です。
    幾重にも重なった花色で「万華鏡のようなきらびやかな花色を放っている」ことから命名されました。

    ◆「フェアリーアイ」
    第1回ジャパンフラワーセレクション フラワー・オブ・ザ・イヤー(鉢部門)の最優秀賞に輝いた近年話題のアジサイです。
    咲き始めは「ガクアジサイ」ですが、時間が経つと徐々に「手まり咲き」に変化していきます。
    花色もピンクからグリーンへと変化し、さらに上手に夏を越せば、花弁が赤く染まる「秋色あじさい」としても楽しめます。

    母の日に贈る紫陽花の花言葉
  • プリザーブドフラワーとは

    枯れることのないプリザーブドフラワーは、その見た目とお手入れの必要がないことから、2017年の母の日も引き続きプレゼントとして人気があります。

    また、長時間楽しむことができるため、母の日が終わってもインテリアとしてもお楽しみいただけます。 乾燥・湿度の高いところ、直射日光に気を付ければ、お手入れせずにプレゼントしたままの状態を長く、楽しんでいただけます。

     プリザーブドフラワーとは
  • 2017年の母の日に贈る鉢植えのお手入れ方法

    鉢植えが届いたら、早めに水を与えましょう。 飾る場所は、日当たりの良い場所や半日陰がオススメです。

    特に、母の日に人気のアジサイの場合は、直射日光に当てると花が早く色あせるので、半日陰か日当たりのより室内がおすすめです。
    水やりは、夏は土の表面が乾いたら水をあげましょう。 冬は表面が乾いていても土の中が渇いてませんので2〜3日おきにあげて下さい。
    鉢皿や底に溜まった水は、根腐れの原因になりますので、必ず捨てて下さい。

    2017年の母の日に贈る鉢植えのお手入れ方法
  • 2017年の母の日に贈る花束のお手入れ方法

    母の日の素敵な花束を長く楽しんでいただくために、到着したらすぐにラッピングを取り外し、茎を洗い流し水切りをして下さい。 バケツなどに水を張り、水の中で茎の先端を1cm程斜めに切ることで、水の吸い上げがよくなり、お花が長持ちしやすくなります。
    その後、花瓶に移して日が当たらず乾燥しない場所に飾って下さい。
    特にリビングなどエアコンを多く使用する部屋では直接風が当たらないように注意が必要です。

    また、花瓶の水は毎日取り替え、水切りをし、茎や花瓶のぬめりを取り除いていただくことで、より長く楽しんでいただけます。
    記念のお花はドライフラワーにしておくのもオススメです。 市販の乾燥剤を使えば、母の日にもらった時に近い色で保存することも可能です。

     2017年の母の日に贈る花束のお手入れ方法

TOP