花のプレゼントならフラワーギフト通販のフジテレビフラワーネット

母の日に想いを込めたメールを届けましょう

母の日にはメールで感謝の言葉を伝えてみませんか?
お仕事で実家を離れてしまった方は中々話す機会を作ることができていない、ということもありますよね。
そんな時はメールでもいいので、お母さんと会話をしてみてください。きっと喜んでくださいますよ。

書き出し

母の日のプレゼントはメールで



  • 母の日にどんなプレゼントを贈ればいいかわからない、諸々の事情でプレゼントを贈れないという方もいらっしゃるかと思いますが、そういう方にこそメールや手紙などをお母さんに送ってみて欲しいですね。

    母の日だから特別なプレゼントを用意しないといけないと思ってしまう方も多いですが、お母さんはそれほど大仰なプレゼントを求めていないことがほとんどです。もちろん貰えれば嬉しいでしょうし、用意してあげられるのなら用意して上げた方が喜んでもらえるとは思います。

    でもお母さんというのは子どもと久しぶりに会話できる、子どもが元気に暮らしている姿を見せてくれる、というだけで、充分に嬉しいものなのです。ですから、何か特別なものを用意しなくても、感謝の言葉が無くとも、メールを送って何気ない会話をするだけで充分に喜んでくださいますよ。最近連絡を取れていない、という方なら尚更です。

    どうしても母の日に忙しくて会いに行けないという方は、プレゼントだけ発送して、後からメールでプレゼントが届いた?という切り口からメールのやりとりをするのも良いかと思います。お花など贈ってみて、このお花はこんな花言葉があってお母さんにこんな想いを込めて贈ったんだよ、といったように話を切り出せば会話も続けやすいかと思います。

    最近はデコメールなども可愛いものが多いですから、言葉で伝えるのが苦手な方はこういった方法で気持ちを伝える方法もありますよ。LINEなど使っているのなら可愛らしいスタンプをプレゼントしてみても良いですね。これもある種の簡単なプレゼントと言えると思いますからね。

    電話だと言葉がまとまらなくて中々想いを伝えられないという方でも、メールならじっくりと皆さんの伝えたい言葉も練ることができますから、メールという形で母の日に連絡を取るのもおすすめの方法の1つですよ。

お母さんに贈る言葉に迷った時は



  • 普段から手紙を送らない方が急に手紙を送るのはちょっと照れくさいかもしれませんが、メールならば普段から使っているものですし、気軽に送れるのではありませんか?

    でも、いざお母さんにメールを送ろうと思っても、どんな切り口から始めようか、何を話せば良いのか迷ったりしてしまうこともありますよね。そんな方の為に今回は母の日に送りやすい感謝のメッセージをご紹介させていただきます。

    ちょっとかしこまってメールを送るのなら、「お母さんへ」「ママへ」などお母さんへの呼びかけから始めてみましょう。この方が文章を考える時にお母さんの姿を思い浮かべやすく、想いも浮かびやすくなるかと思います。

    次に今までの感謝の言葉を伝えましょう。
    一人暮らしを始めて家事の大変さを知ったという旨で「いつもお料理や掃除洗濯をしてくれてありがとう」という感謝を述べるのがベターでおすすめです。他にも食材など送ってくれているのなら「いつも美味しいものを送ってくれてありがとう!」というのも良いですね。もっと大仰に「私を産んで育ててくれてありがとう」と今まで育ててくれた感謝を述べてみても良いと思いますよ。

    そして最後にこれから想いを伝えましょう。
    伝えやすい想いとしては「これからも元気でいてね」「健康には気を遣ってね」など伝えやすいですね。 もう少しフランクに行くのなら「今度帰った時にお母さんの手料理食べさせてね」などもおすすめですよ。これで次に家に帰る口実を作れますし、お母さんも腕によりをかけた料理を作る気力が湧いて毎日の料理が楽しくなるかもしれません。

    これはあくまで一例ですので、必ずしもこの流れでメールの文章を考える必要はありません。もっとシンプルに「元気にしてる?」という一言をメールで送るだけでも良いと思います。そこから世間話や最近あった他愛もない話を広げるだけでも充分な母の日のプレゼントとなりますよ。

母の日は写メールを切り口に



  • 母の日にメールを送るのなら、写真を送付して送るのもおすすめですよ。
    メールに自分の楽しそうにしている写真を付ければ、お母さんもより安心して嬉しい気持ちになってくれますよ。これは電話では伝えられないメールならではの方法ですので、ぜひ活用してみて欲しいですね。

    口下手な方なら、自分が楽しく暮らしているよ、ということを知らせる意味で写真だけを送ってしまうというのも良いと思いますよ。言葉にしなくても楽しく暮らしているんだということをお母さんはきっと察してくれますから。

    お花をプレゼントする代わりに花壇などで撮ったお花の写真をメールに送付して送るというのも面白い趣向だと思いますよ。お花はどうしても枯れてしまいますから、写真にして送るというお花のプレゼントの仕方もあると私は思います。その際には出来れば皆さんがお花と一緒に写っている写真を送ってあげましょう。皆さんが元気にしている姿も一緒に見せることができますからね。

    皆さんにちょっとした写真編集の知識があるのなら、お母さんの写った写真を送ってもらって、自分の写った写真と合成して、送ってあげるなど面白みがあるかと思いますよ。お母さんはそんなことに使われるとは露も思っていないと思いますから、きっと良いサプライズになるかと思います。

    写真と言葉で想いを伝えられるのがメールの強みでもありますから、ぜひとも活用してみてくださいね。

後書き



  • 母の日に感謝の言葉を述べるのももちろん良いことですが、何も5月の第2日曜日にこだわることはありません。ですので、母の日を過ぎてしまったから今更プレゼントを贈っても仕方ないと諦めたりはしないでください。

    母の日はあくまできっかけに過ぎませんから、少し早くても、少し過ぎてしまっても、全然関係の無い日でも、お母さんに感謝の気持ちはいつでも伝えてあげてください。

    きっとどんな日でも、皆さんからのプレゼントや感謝の言葉をお母さんは嬉しく思ってくださいますよ。 まずはメールからでもいいので、皆さん今からでもお母さんと他愛もない話を始めてみてくださいね。 そして母の日にはお母さんに最大限の感謝を伝えてあげてください。

母の日フラワーネットコラム

TOP