花のプレゼントならフラワーギフト通販のフジテレビフラワーネット

意外と知らない?バラの花言葉のちょっとした豆知識

お祝い事やプロポーズの際に贈られるプレゼントとして人気のバラ。そのバラの花言葉は色や花束の本数によって違いはありますが、全体的に「愛」や「情熱」「希望」といった意味を含んでいます。色々なバラの花言葉と、その由来についてご紹介します。

知れば知るほど奥深いバラの花言葉

  • 花言葉にあまり詳しくない方でも、バラといえば「愛」や「情熱」といったイメージを持っているかと思います。 ただ、バラと一口にいっても様々な色の品種が存在し、それぞれの持つ花言葉は異なります。

    また、実はバラの花言葉はお花の色だけでなく、つぼみやトゲにまでつけられているのです。
    どこまでも奥の深いバラの花言葉。一つずつ解説していきますね。

バラの色と花言葉の関係

  • まずは色によって変わるバラの花言葉のお話から始めます。

    バラといえば「赤」の印象が強いですよね。燃えるような真紅のバラはまさに「愛」「情熱」の象徴といえます。 恋人へのプロポーズや結婚記念日のプレゼントで贈られるお花は、大体この赤のバラになるでしょう。

    ただ、黒っぽい赤のバラになると「永遠の愛」「束縛」「嫉妬」「怨念」という少々恐ろしい意味の花言葉が含まれてきます。
    プレゼントとして選ぶ場合はなるべく明るめの色のものを選ぶようにした方がいいですね。

    次に「白」のバラの花言葉ですが、こちらは「純潔」「深い尊敬」といった意味が込められています。 赤のバラが恋人に熱烈な愛を伝えるお花だとすれば、白のバラはご両親に感謝の気持ちを伝えるお花といったところでしょうか。

    ちなみに枯れた白バラだと「生涯を誓う」という花言葉になります。

    そして赤と白の中間である「ピンク」のバラの場合、「お淑やか」「上品」「可愛いらしさ」といった花言葉があります。
    主張し過ぎない柔らかな色合いが魅力のピンクのバラは、どんなシーンでも無難に活躍します。
    母の日のプレゼントでカーネーション以外のお花を選ぶなら、このピンクのバラがいいでしょう。

    ちなみに、大輪のピンクのバラだと「赤ちゃんができました」という花言葉になります。

    次に「黄色」のバラの花言葉ですが、こちらは「友情」「平和」という意味を持っています。
    明るく活発な印象の強い黄色のバラは男性に贈っても喜ばれるお花となっています。
    反対に恋人に贈るお花としては、「不貞」「別れましょう」という花言葉があるので相応しくないとされています。

    「オレンジ」のバラの花言葉は「愛嬌」「絆」「信頼」となっており、こちらはご両親や兄弟に贈るお花として人気が高いようです。
    もちろん同性に贈るプレゼントとしてもうってつけです。

    ちなみに、あまり知られていませんが「青」のバラも存在します。
    元々青いバラの品種は存在しないものとされており、「不可能」というマイナスの花言葉がつけられていましたが、今から約15年前に遺伝子組み換えによって青いバラが誕生しました。

    そういった背景からか、現在では青のバラには「夢が叶う」「奇跡」という花言葉がつけられています。

    以上のように、一口にバラの花言葉といっても、それぞれ色によって意味合いが違ってくるので、覚えておいた方がいいでしょう。
    必ずしもそのシーンに応じた色を選ばなくてはならない、というわけではありませんが、知れば知るほど興味深く面白いのがバラの花言葉なのです。

葉や枝、トゲにも花言葉が

  • なんとバラは葉やつぼみ、トゲにも花言葉が与えられており、それぞれの状態によっても更に違った花言葉を持ちます。

    例えばバラの葉には「希望がある」「諦めないで」という意味が込められています。
    受験生に贈るプレゼントとしてもいいかもしれませんね。 さらに赤いバラの場合には「幸福を祈る」という、さらに力強い花言葉があります。

    次にバラの「枝」には「あなたの不快さが私を悩ませる」という意味があるそうです。

    そしてバラの「トゲ」ですが、こちらは「不幸中の幸い」という花言葉になっています。
    縁起がいいのか悪いのか、少々複雑な意味になっていますね。 ちなみにトゲのないバラには「誠意」「純潔」という花言葉があります。
    付き合って間もない恋人に贈るプレゼントとしては丁度良さそうですね。

    さらに、バラの花言葉は「状態」によっても意味が変わってきます。
    元気がなくなってしおれたバラには「儚い」「束の間」という花言葉があり、プレゼントとしては相応しくありません。 バラをプレゼントとして贈る場合は、なるべく新しいものを調達した方がいいでしょう。

バラの花言葉とその由来

  • このようにバラの花言葉は多種多様ありますが、全体的なイメージとしてはやはり「愛」ですね。
    バラが愛を象徴するお花になった由来は、ギリシャ神話にまでさかのぼるといわれています。

ギリシャ神話とバラ

  • 紀元前8世紀頃より伝えられたギリシャ神話の一節に、愛と美の女神アフロディーテの記述があります。
    アフロディーテは全能の神ゼウスによって海の泡から生まれ落ちました。

    その時、海に生まれたアフロディーテがあまりにも美しかったために、陸の神が「アフロディーテの誕生に相応しい美しい花を」とバラを陸地に生み出し、神々が神酒ネクタルをバラに注いでその美しさを称えました。

    その後アフロディーテはオリンポスの神々の宮殿へと招待され、12神の1柱として迎え入れられることになり、愛と美を司る女神として後世に伝えられるようになったのです。

    後日談として、アフロディーテはゼウスの命令によって鍛冶の神ヘパイストスと結婚しますが、ヘパイストスは12神の中で最も醜かったため、それを拒んだアフロディーテは軍神アレスと禁断の恋に落ちます。

    そのことが我が子に知られてしまったアフロディーテは、その口を封じるために沈黙の神に頼み、見事秘密を死守することに成功。
    その際にお礼としてアフロディーテが沈黙の神に贈ったのが、赤いバラだったとされています。

    この神話によって西洋ではバラは「秘密」の象徴ともされ、秘密を守るという意味の「Under the rose」という諺(ことわざ)が生まれました。

    ちなみに、バラのつぼみを3本と開花したバラを1本組み合わせることで「永遠に秘密を守る」という花言葉になります。

大切な想いをバラの花言葉にのせて

  • バラは様々なシーンでプレゼントとして広く用いられるお花です。
    大切な人に愛を伝える為のお花として、バラほど相応しいお花はないでしょう。

    しかし一口にバラの花言葉といっても多種多様で、一筋縄ではいかないのが面白いところ。
    今回ご紹介したもの以外にも、もっと数多くの花言葉が存在します。
    どこまでも奥が深い、バラの花言葉の世界。少しでも興味を持っていただけたら幸いです。

    そして、もしバラを贈る機会があれば、ぜひ花言葉にこだわって選んでください。
    あなたが贈ったバラの花言葉、その真意に相手が気付いた時、より大きな感動を与えられることでしょう。

\バラ特集はこちら/

大切な記念日・誕生日にいかがでしょうか。カラー別の花言葉からもお選びいただけます!

バラフラワーギフトコラム

TOP