花のプレゼントならフラワーギフト通販のフジテレビフラワーネット

今話題のハーバリウムとは何か?作り方や楽しみ方など

ハーバリウムとは何か?名前は聞いたことがあってもどんなものか知らないという方も少なくないでしょう。
この記事では、インテリアフラワーとして人気のハーバリウムについて、作り方や楽しみ方等をご紹介したいと思います。

ハーバリウムの魅力



  • ハーバリウムとは、植物標本という意味で、元来は研究のために植物の状態を長期保存する方法として生まれたものです。
    しかい現在は鑑賞目的で用いられるようになり、インテリアフラワーの主流となりました。

    ハーバリウムは、プリザーブドフラワーやドライフラワーをガラスの小瓶に入れ、保存用の専用オイルに浸して作られています。
    こうすることで、お花本来の瑞々しさを長期間保つことができ、しかも面倒な世話や手入れは一切不要です。

    また、オイルによってもたらされる独特の透明感や浮遊感もハーバリウムの魅力の一つであり、普通の生花にはない楽しみといえるでしょう。
    少し暗い部屋でハーバリウムのガラスボトルに光を当てれば、幻想的なお花の姿を楽しむこともできます。

    市販のハーバリウムには様々なお花の種類があるので、違う種類のハーバリウムを並べてカラフルなインテリアを演出するのもいいかもしれませんね。

ハーバリウムの作り方



  • 人気のインテリアフラワーとして多くのフラワーショップで扱われているハーバリウムですが、普通の生花に比べると少々値が張るのが問題ですね。

    でも、ハーバリウムは自作して楽しむこともできるんです。
    その方法について簡潔にご紹介させていただきます。

手作りハーバリウムに必要な物



  • 用意するべきものは、ボトルとプリザーブドフラワーあるいはドライフラワー、そして専用のオイルの3つです。
    ボトルは100円ショップで販売しているものでも問題ありませんが、お花を入れるための十分な広さがあるものを選びましょう。

    オイルは専用のものがネット通販でも販売されていますが、シリコンオイルや流動パラフィン等で代用することも可能です。

    また、水をオイル代わりにハーバリウムを作ることは不可能ではないですが、必ず煮沸消毒しなければなりませんし、水の中に微生物が残っているとお花の腐敗が早くなります。
    また、水はオイルに比べて粘度が無いため、中のお花が固定されず浮かび上がってしまい、見栄えが悪くなる可能性があります。

    ハーバリウム作りで失敗したくない方は、素直に市販の専用オイルを用いるのが無難かもしれません。

ハーバリウムを自作するにあたって



  • ハーバリウムを作る際は必ずボトルを消毒してください。
    十分に消毒が行き届いていないとカビの発生の原因になります。
    ボトルに無水エタノールを入れてよく振り、残ったエタノールを捨てたらボトルの口を下にしてよく乾燥させましょう。

    次にピンセットを使ってボトルにお花をセットします。この時、お花が崩れてしまわないよう、花びらではなく茎の部分を持つようにしましょう。
    お花がボトルからはみ出ていないことを確認し、オイルを注いで蓋をすればハーバリウムの完成です。

色んな工夫が楽しめるハーバリウム



  • ガラス瓶やボトルにオイルとお花を入れるだけで簡単に作れるハーバリウムですが、他にも色々な工夫を凝らして楽しむことができます。

    例えば、貝殻やビー玉をお花と一緒に入れれば、グッと雰囲気が変わってカラフルで可愛らしい姿に変身します。
    特にビー玉はハーバリウムとの調和性が非常に高く、市販のハーバリウムでも多く用いられています。

    またオレンジやライムといった柑橘系のカットフルーツも、ハーバリウムにピッタリです。
    思わず口入れたくなるような、美味しそうなハーバリウムの完成です。
    ただし小さなお子様がいる家庭では、子どもが誤って口にしないように注意しましょう。

    また、ハーバリウムに使うボトルも自由です。
    無理なくお花が入れられる形状であれば、例えば電球型のボトルでも問題ありません。

    余ったジャムの容器とか、化粧品の容器とかを再利用してハーバリウムにすることもできるんです。

    中に入れる物だけでなく、ボトルの形状によってもガラリと印象が変わり、人それぞれ違った楽しみ方ができるのがハーバリウムの醍醐味といえるでしょう。

    以上のように、ハーバリウムは人それぞれ色んな楽しみ方ができるインテリアです。
    今回ご紹介した方法以外にも、自分なりのオリジナルアレンジを施してみてはいかがでしょうか?

ハーバリウムは誕生日プレゼントにも最適



  • ハーバリウムは長期間保存ができ、しかも持ち運びも手軽なので誕生日のプレゼントとしても人気となっています。
    誕生日にお花のプレゼントを贈る方は多いかと思いますが、生花だと置く場所に困ったり手入れが面倒だったりと、意外と問題点もあるものです。

    しかしハーバリウムであれば、どんな方でも簡単に楽しめるのでプレゼントとして最適といえるでしょう。
    長期間美しい姿を保てるというハーバリウムの特性が、誕生日の素敵な思い出を色濃く残し続けてくれるでしょう。

    ハーバリウムは市販でも様々な種類のものが販売されていますが、上述の通り手作りも可能です。
    年に一度の大きなイベントですから、手作りならではの心のこもったハーバリウムをプレゼントとして用意しておくのもいいかもしれません。

    手作りのハーバリウムを渡す際は、ボトルの蓋がきちんと閉まっていることを確認しましょう。
    ハーバリウムのオイルは家庭用の洗剤ではなかなか落ちないので、服やカバンに付着してしまうと面倒なことになってしまいます。

ハーバリウムの注意点



  • 最後にハーバリウムを楽しむ、あるいは自作する上で気を付けておくべき点についてお話します。

    まず、お花は必ずドライフラワーあるいはプリザーブドフラワーを使いましょう。
    というのもハーバリウムはお花に水分が残っているとすぐに腐敗してしまうからです。
    ドライフラワーやプリザーブドフラワーを使う場合も、必ず十分に乾燥していることを確認するようにして下さい。

    また、ハーバリウムに用いられているオイルは可燃性なので、ガスコンロやストーブといった火の気の近くには置かないようにしましょう。

    次に設置についてですが、なるべく直射日光が当たらない場所に置くようにして下さい。
    ハーバリウムは直射日光によって色褪せや色落ちが早まってしまいます。

    以上の点に注意した上でハーバリウムを楽しんでくださいね。

ハーバリウムで心に彩りを



  • 以上が、今流行りのインテリアフラワー、ハーバリウムのご紹介でした。
    当記事で、ハーバリウムとは何か皆さんにご理解いただけたかと思います。

    インテリアフラワーとして簡単に楽しめて、プレゼントとしても最適なハーバリウムですが、特に近年はSNSの普及に伴ってより一層人気が高まっています。
    自宅を彩る美しいお花、それを手軽に楽しめるハーバリウムを自宅の観賞用あるいはプレゼント用として用意してみてはいかがでしょうか?

その他ハーバリウムをもっと見る

お供えのお花コラム

TOP